最強学習法「即アップミラクル」で使用する特許教材「ミラクルロード」とは?

■「ミラクルロード」は短期間で多くの生徒が結果を出すことができる学習教材です。

結果を出すためにはツールが必要です。つまりお子様に形を示してあげなけ

ればなりません。口で言うだけではすべてのお子様に均一にプロセスをたど

らせることはできません。形とは教材のことです。誰にでも学習の方法が明

確にわかり、かつ身につけなければならない知識やスキル(基礎基本)がは

っきりと理解できる教材が必要になってきます。

このように入試に必要は基礎基本の情報に絞り、明確にしそれを誰にでも

正しい学習プロセスをたどるように”形にした教材”が「ミラクルロード」で

す。成績を上げるために作られた教材です。

 

■「ミラクルロード」の特徴

①情報が絞られているので短時間でやり終えることができる。

②成績アップに必要な基礎基本の知識が全て入っている。

③誰でも正しい学習プロセスがたどれるようになっている。

④何度でも反復できるようになっているから必ず知識が身につく。
 (最低でも3回は反復するようになっています。)

⑤単純な学習方法から始まるので、どんな生徒でも取り組むことができる。

⑥1冊1冊が20~30ページ程度なので気軽に取り組める。

⑦基礎基本から確認の演習問題まで入っているので他の教材をする必要が
 ない。

 

■学習量の重要性

「成績は相対的なもの」です。成績を上げるということは自分と同じレベル

の生徒たちよりもよい点数を取るということです。

ライバルと同じ内容、同じ学習量では勝つことはできないのは明白な事実です。

しかし、他の生徒の1.7倍やろうと言っても一般的な中学生にとっては不

可能なことです。ですから気がついたら今までの倍の量を学習していたとい

う結果に至らせることが重要なポイントです。

つまり「たくさんの学習をする仕組み」が必要です。

この「仕組み」は「わんこそば」と同じです。

一杯一杯は一口で食べられる量。だから何杯でも食べられる。それが競争に

なると知らないうちに何十杯も食べてしまう。気が付いたらいつの間にか

どんぶり茶碗10杯以上食べていたという結果に至る。初めからどんぶり

茶碗10杯食べろと言われてもとても食べられる量ではありません。

でも一杯一杯が一口で食べられるなら結構たくさんの量を食べられます。

その一杯のわんこそばが一冊の「ミラクルロード」にあたります。

気がついたら分厚い問題集10冊分くらいをいつの間にかやり終えてしまう

ことができます。

お子様は取り組んだ瞬間から驚くほど集中して取り組むようになります。

それはお子様自身が「力がついている」と実感できるようになっている

からです。そしてあり得ないほどの学習量を、黙々と自主的に取り組むこと

できるようになります。

 

■「ミラクルロード」の使用権は長津田地域では秀学ゼミナール長津田校だけが取得しています。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

        
       

 

 













 

 

 

小学部コース

中学部コース

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-983-3935

電話受付時間:13:00〜19:00
(日曜日、祝日を除く)